【テロ】反ワクチン団体が接種会場で大暴れ 警察出動も止まらない - 変えていく トレンドがチカラ☆

【テロ】反ワクチン団体が接種会場で大暴れ 警察出動も止まらない

コロナワクチンの接種会場となっていた東京ドームで、ワクチン接種を反対する団体がデモ活動を行うなどして、接種が一時中断となりました。

ノーマスクの状態でワクチン接種に反対と唱える数十名の団体が接種会場となっていた東京ドームで、「ワクチンを打てば、5年以内に死ぬ」、「子供には撃たせるな」などと叫ぶなどして、接種を妨害した上に警察とも押し問答する事態になった。

ワクチン接種に訪れた人からは、「東京ドームの接種会場で反ワクチンぽい集団らが入り口付近で警官と揉めているけど、いつになったら中に入れるんだろう」、「東京ドームにワクチンを打ちに来たら、反対派が会場を乗っ取っており封鎖されていた。警察が強制的に排除したけどまだ揉めているし、やめてほしい」といった不安の声が相次いであがっていた。

反ワクチン団体らの接種妨害によって、ワクチン接種は午後1時半過ぎまで中断となり、多くの人が長い時間待たされる事態となった。

現場にワクチン接種を受けに来た50代の女性は、「マスクもしないで叫んでいる人が警察と揉めており、怖かった」と話した。

40代の女性は、「今日は暑く、長く外で待たされていた高齢者の方が具合悪そうにしていたし、そういった高齢者を見て何も思わないのでしょうか?ワクチンの反応が不安な気持ちだってあるのに、彼らの行動は本当に理解に苦しむ」と怒っていた。

ワクチン反対を訴える
ワクチン接種の反対を訴え、ノーマスクでの電車乗車や接種会場での妨害を行っている

今回の騒動に対してネット上では、「反ワクチンの奴らが戦うべきは接種しないとサービスを受けられないシステムに対してだろ」、「ワクチン接種していない輩が大声で叫んでること自体がほんとヤバい」などといった声がみられた。

また今回、反ワクチン団体のデモが起こした事態について、東京都議会議員のおじま絋平氏はツイッター上で、「本日、都の大規模接種会場である東京ドームで反ワクチン団体が入り口を封鎖し、一時的に入場が出来なくなる事になった事態に対して、警視庁が対応し、けが人や逮捕者なく鎮圧されたようですが、実力行使をもってして業務を妨害する行為はテロ行為にあたり、完全に一線を越えている。取り締まりの強化を求める」とした。

山手線ノーマスクデモ参加者

親子連れや高齢者、中高年などの老若男女ら90名以上が渋谷駅から原宿駅まで山手線を1時間かけ1周し、マスクをせずに笑顔で乗車しながら車両を占拠している写真がフェイスブックに投稿された。

ワクチン接種反対のデモに参加した人たちの首には、「マスクして苦しくないですか?」や「子供にワクチン打たせないで、ノーマスクのための会」などといったプラカードが掲げられ、電車から降りて大人数で撮影した写真を載せていた。

マスクは感染予防の効果がないと信じ込んでいる参加者は中にはいるようで、反ワクチンデモを起こし、山手線一周をノーマスクで主催した者は、「いつもは1人ノーマスクで乗車していたが、今回は複数で乗れて嬉しかった。同志に会えた」などといったコメントをしている。

デモには参加費用やプラカード、看板など活動資金として、およそ2万6000円を徴収しているという。

警察とのもめあいなど、問題になっている
度々、妨害活動なをして警察とも揉み合いになったりと、迷惑行為を繰り返している


また、残金は3月から開始が予定されている5~11歳の子供たちへのワクチン接種阻止のため、ワクチンの弊害を訴えるチラシの印刷費用に使われるとされています。

そのような中、ノーマスク山手線一周を主催した者が40度以上の高熱で、咳や鼻水が続く状態になっていたことが分かった。

しかしこの主催者は、自己診断として風邪またはインフルエンザとし、「病院行ってもインチキでデタラメなPCR検査をさせられたあげく、陽性反応が出たら無理やり、新型コロナになれてしまう」との考えから一切、病院には行っていないという。

それでだけでなく、その後も症状があるにも関わらず、ワクチンの弊害を訴えるチラシのポスティング活動などを行っている。

他のワクチン反対を示す参加者にも、倦怠や食欲不振、高熱、味覚障害などといった症状が出ているにもかかわらず、風邪かインフルエンザと自身で勝手に決めつけ、コロナだとは認めていないばかりか、主催者とともに、「危険な未知なワクチン接種をすることは本末転倒である」と述べ、仲間たちポスティングへの意欲を高めていった。

こういった活動がツイッター上で拡散されると、「体調も戻っていないのにビラ配りとかやめてくれ」、「コロナをただの風邪と叫んでいる反ワクチンの人らは重症化したとしてもICUに入らない、送管拒否まで頑張っていただきたい」、「マスクは風邪の時でもするだろうよ。インフルエンザが流行っていた時もマスクしてるんだからマスクしろよ」などといった非難の声があがった。

迷惑する人が大勢いる
反対デモによって迷惑する人が大勢いる

マスクをする、しないやワクチンの効果を信じるから信じないかは個人の自由だが、風邪かインフルエンザかコロナかもわからない自己診断した状態で、公共交通機関を使用したり、ワクチン接種の妨害活動をするのはもはや犯罪レベルである。

三越屋海外商品
三越屋なら安くお得に海外の商品を購入することが可能です

TCnippon357

国内の病院やクリニックを紹介するポータルサイトです。 患者さんが分かりやすく、安心して病院やクリニックを訪問できるサイトを目指します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。