【衝撃】江戸川区19歳少女が元交際相手の腹部を包丁で刺殺した動機の真相 - 変えていく トレンドがチカラ☆

【衝撃】江戸川区19歳少女が元交際相手の腹部を包丁で刺殺した動機の真相

事件の概要

1月9日の午後、江戸川区のアパートに住み建設業に勤める男性、佐藤勇作さん25歳がベッドに横たわっていた際、元交際相手であった19歳の少女に腹部を包丁で刺され、亡くなった。

刺された直後、勇作さんは自ら警察へ「元カノに刺された」と通報しましたが、警察が駆け付けた時には、アパート脇の駐車場で腹部から血を流し、うずくまっている状態にありました。

すぐに病院に搬送されましたがその後、死亡が確認されたことから、警視庁は佐藤さんの同居人で部屋にいた19歳の少女を殺人未遂の容疑で現行犯逮捕した。

亡くなった勇作さんと少女は交際関係だったようで、昨年の4月ころから同棲生活をしていたとされます。


部屋のベッドで横たわってスマートフォンを操作していた勇作さんをいきなり少女が包丁で襲い、腹部を刺しました。

傷が深く、命を落とした
交際相手に刺された男性は傷が深く、後に死亡した※写真はイメージです


その後、お腹を押さえながら自力で外に出た勇作さんは自身で警察に通報しましたが、少女から刺された傷は深く、命を落としてしまいました。

逮捕された少女は「台所の包丁で刺し、彼から逃げたい一心だった」と話しているが、二人の関係を知る周囲からの話によると事実とは異なるような状況があったとみられます。

勇作さんの職場関係者の話

勇作さんと少女は地元が同じ青森で昨年4月に共に上京し、同棲をスタートさせました。

勇作さんと親しい交友があった職場関係者は勇作さんについて、「去年の4月ころから働き始めた勇作さんは、職場の先輩ともよく一緒に釣りに行ったり、社員旅行で行った奄美や沖縄旅行では楽しそうにしており、とても明るく良い人だった。


先輩社員の家に集まる飲み会の席でも先輩の子どもらに対し、よく遊んであげたり面倒見がよく、実家の青森から持ってきたリンゴも「食べきれないのでお子さんにどうぞ」と気配りもでき、優しい人だった」と話しました。

少女と勇作さんの関係について

職場での人間関係も良かった勇作さんでしたが、その時付き合っていた交際相手の少女との関係は上手くいっていないと周囲に相談することも多かったようです。

よく家から追い出されていた
家賃や光熱費なども全部負担していたが、よく少女に追い出されていたという※写真はイメージです

もともと青森で交際をスタートさせた二人でしたが、上京したいという彼女の希望を叶えるために東京への引っ越し費用も頑張って貯め、東京での仕事も決めて2人で上京してきました。

しかし上京をしてからはというものの、少女はよくクラブに行き朝まで帰ってこない日も多くなったり、未成年にも関わらず家でタバコを吸っていることに勇作さんは心配をしていました。


勇作さんは東京に知り合いがいないこともあり、職場の先輩に少女を上京させなかった方がよかったのではないかと相談していたそうです。

そして2人の関係にさらに亀裂が入ったのが同棲後3カ月たった昨年の夏、少女から勇作さんに突然「他に好きな人ができた」と別れ話を切り出したのだという。


少女は東京で知り合ったアメリカ人男性のことを好きになったことで、二人は分かれたということでした。

しかし当時少女はコールセンターで働いていたものの金銭的な余裕はなく、未成年なので物件を1人で契約するのも難しいことや、少女に対する恋愛感情はなくなっていたが勇作さんは、少女の親とも連絡をとりあっていたこともあり、強引に家から追い出すわけにもいかなっかたようです。

少女が「これから物件を探す」という言葉を信じて同居を続け、また最近になり「アメリカ人男性と今年2月に渡米する」と聞いてやっと解放されるのではと思った矢先に。。。。

殺すつもりはなかった
「殺すつもりはなかった」や「逃げたい一心で刺した」としているが・・・

事件の真相

勇作さんを包丁で刺殺した少女は刺したことについて「彼から逃げたい一心で」と供述しているが、職場関係者では逆に勇作さんが少女から逃げたい状況だったといい、日頃から勇作さんの方が家から追い出されていたとされます。

仕事を終えた勇作さんに対し少女は「男と電話するから出ていって」「家に帰ってこないで」などと言い、よく家から追い出していたとようです。

1日働いて疲れている中で近所の公園で何時間も待たされていたこともよくあり、可哀想に思った先輩社員が何度か家に呼び一緒に夕飯を食べたこともあるようで、その時にも勇作さんは「家に帰りたくない」と漏らしていたといいます。

もちろん家の名義は勇作さんですし、家賃や光熱費も全て勇作さんが払っていたにも関わらず、とても不憫に感じたという。

事件当日、勇作さんから死にそうな声で電話

そして事件が起こった9日、勇作さんは自ら勤め先の会社の社長にも電話を掛けたが、ちょうど社長は手に取れず、近くにいた社長の娘さんが勇作さんの名前が表示されているのをみて電話に出たとされています。


急いで社長に「勇作が死にそうな声をしていた」と伝え、慌ててかけなおしたのですが、もうその時はすでに繋がることはなかったようです。

真面目に仕事を頑張っており、職場でも多くの人から愛されていた勇作さんを突如襲った悲劇に包丁で勇作さんを刺した少女は「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

三越屋海外商品
三越屋なら安くお得に海外の商品を購入することが可能です

TCnippon357

国内の病院やクリニックを紹介するポータルサイトです。 患者さんが分かりやすく、安心して病院やクリニックを訪問できるサイトを目指します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。