眞子さまと小室圭さんの結婚に対して「祝福ムード」が遠い理由 - 変えていく トレンドがチカラ☆

眞子さまと小室圭さんの結婚に対して「祝福ムード」が遠い理由

着々と眞子さまと小室圭さんの結婚が進んでいるが、世間の反応は「祝福ムード」というわけではない。
むしろ、小室圭さんに対する冷ややかな目が強まっている。

武蔵野大学社会学部教授である、千田有紀さんは今回の結婚では内親王の結婚相手に高すぎるハードルを課していると述べている。

秋篠宮眞子さまの婚約騒動については2017年から4年間にもわたり、これまで長い間、お相手の小室圭さんを巡り、様々な報道がなされてきた。

そして、国民の多くは「祝福」する状態から遠いとされ、多くの非難やバッシングなど二人の間、特に小室さんには相次いだことだろう。


それを乗り越え、ここまで来たのはそこに深い愛情がないとできないことだが、そもそもなぜ今回二人の結婚への「祝福ムード」がほど遠いのか見ていくことにする。

眞子さまと小室圭さんの出会いから

出会いは4年前、渋谷の交流会からの出会いと言われているが、二人は同じ大学にも通っていたこともあり、意気投合しそのまま長い愛を育んできた。


父母である秋篠宮夫妻と同じように、同じ大学でのキャンパスでの恋を歩み、小室さんはシングルマザーに育てられ、決して給与がない現代の若者の代表のような人でもあったことから、周りからも二人の関係は微笑ましいものであったように思う。

しかし、そのようなムードから一転、小室圭さんの母親の「借金問題」が取り上げられるたびに、世間体からの風当たりは厳しくなった。


「なんでこんな問題を抱えた人と」「もっといい人がいるだろうに」など、批判的な声は強まっていった。

しかし、これら全て眞子さまにとっては”どうでもいいこと”だ。


眞子さまにとって小室圭さんだけがこの世で唯一無二の存在であり、他の男性のことやそれ以外の声に対して重要ではない。


そもそも、「もっといい人」というのもその人の主観なわけだから、他人がとやかく言う筋合いはないように思う。

一般的には社会的に地位があり、お金にも恵まれた人のことをいうのだろうが、そもそも眞子さまもこれまで、そのような環境で過ごしてきており、借金をする生活にも無縁だ。


しかし、眞子さまがこれまで唯一手にしておらず、そして手に入れたかったものは「自由」だったのではなかろうか。

小室圭さんと結婚することがなかったら、眞子さまは誰と結ばれていたのだろうか。

多くが内親王に「ふさわしい」身分も社会的地位も立派な男性が選ばれたのかもしれないと思う。


それが普通だ。


しかし、前述したとおり眞子さまはそのような普通の人が羨む生活は既に持ってきたわけで、眞子さまにとっては魅力があるわけではない。

自分が好きになった人と結婚し一緒に暮らすことは、一般的には「普通」のこと。


それを小室圭さんという自分にとって唯一無二の人と実現し、一般人の身分になったとしても自分の夢を叶えたかったに違いない。

無料で大人の出会いを始める

週刊誌などの報道では、眞子さまが大学時代に男友達と合宿に行ったときの写真が流出したことで、その相手とは疎遠になってしまったとのことだ。


詳細は分からないが、普通の大学生が普通にSNSなどに思い出の写真を投稿することも、内親王には許されない。


これらを考えれば、今回自分が好きになった相手である小室さんと結婚することで自由に普通の一般人としての生活を手に入れ、幸せを掴みたかったに違いない。

秋篠宮はかつて、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」という憲法に言及し、眞子さまの結婚は認めざるを得ないとおっしゃった。


こうした話を聞くと、憲法で定められている国民の権利や自由を身分や皇室典範で決めているのが皇族ではなかろうかとも思えてしまい、そうした背景からも眞子さまは切に一般の「国民」になりたいと思っていたのだろう。

そして、ことの問題である金銭トラブルにつく小室さんへの件だが、立場が逆の場合、もし小室さんが女性だった場合、この「借金問題」はそこまでのバッシングや問題にはなっていなかったのではないかと思う。

もちろん、その件での小室さんの態度にイラついている人も多く、小室さん自身が母親の婚約者に感謝していることを伝え、眞子さまとの婚約内定できたのも婚約者の支援があったからだということで、誠実な対応を見せないところが今回の結婚報道が好意的に受け止められない、大きな一因であると思うし、そういうところに不信感を募らせている人がいることも納得できる。

眞子さまがこれまで切に願ってやまなかった真の自由を手に入れ、自分が好きになった人と結ばれるのは喜ばしいことだが、多くの国民にとっては複雑な気持ちも多い。

「内親王と結婚する男性には頼りがい、お金もあり、誠実である男性を」との想いが強いのだろう。


それが眞子さまたちへの高いハードルとなっている。


このように、眞子さまと小室圭さんとの結婚については祝福ムードはほど遠い理由は国民から眞子さまへの親愛の気持ちの表れともとれる。

TCnippon357

国内の病院やクリニックを紹介するポータルサイトです。 患者さんが分かりやすく、安心して病院やクリニックを訪問できるサイトを目指します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。