眞子さんと小室さんの結婚会見、「誤った情報」「誹謗中傷」と強く反論 - 変えていく トレンドがチカラ☆

眞子さんと小室さんの結婚会見、「誤った情報」「誹謗中傷」と強く反論

昨日、秋篠宮家の長女である眞子さんは婚姻届を提出し、夫の小室圭さんと正式に結婚し、都内のホテルで記者会見を行いました。

眞子さんは結婚について「圭さんはかけがいのない存在で、私たちにとっては結婚は生きていくために必要な選択」と述べた。


圭さんも「眞子さんを愛しており、一度きりの人生、愛する人とともに過ごしていきたい」と答えた。

また、眞子さんは圭さんの母親、小室佳代さんの金銭トラブルから多くの批判を浴びる圭さん、佳代さんについても触れ、「一方的な憶測が流れるたびに、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるように取り上げられ、恐怖心を覚えるとともに、辛く悲しい思いをした」と語気を強めた。

対する圭さんも、「誤った情報があたかも事実であるかのように扱われ、誹謗中傷が続いたことにより、眞子さんが心身に不調をきたしたことを、とても悲しく思う」と述べた。

また、精神的不調を訴えた母親に代わり、母親の元婚約者と話し合いをしてきたことも明らかにし、「解決に向け、できるだけの対応をしたいと思うし、解決金を受け取っていただきたい気持ちは変わっていない」とした。

会見後、報道機関からの質問に対する回答が文書によって出されたが、その中に日本雑誌協会からの質問で今回の結婚が多くの国民から納得や祝福が広がらない理由に、小室さんの経歴に「皇室利用」と受け止められかねない事柄があるからと指摘された。

これに対し眞子さんは「このような質問に会見場で口頭でお答えすることを想像すると、恐怖心が再熱し心の傷がさらに広がりそうで、誠に残念に思います」と答えた。


圭さんは「私が皇室利用をしたという事実はなく、婚約者としての特別な待遇もありません」と答えた。


口頭での記者会見は12分程度で終わり、結婚への思い、周囲への感謝の言葉以外に金銭トラブルに対する反論が目立つ内容になった。

金銭トラブル

二人の記者会見での言葉

小室眞子さん

まず、新型コロナウイルス感染症の影響が続き、日々、大変な思いをされている多くの方々にお見舞い申し上げます。


そして、困難にある人を助け、私たちの生活を支えてくださっている方々へ深く感謝を申し上げます。


本日は私が皇族として過ごしてきた中で抱いてきた感謝、私たちの結婚を心配し、応援をしてくださった方々への感謝、これまでのことで私たちが感じてきたこと、結婚への思いなどをお話したいと思います。

これまで30年間、私はたくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきたことに対し、心をこめ私と一緒に仕事をしてくださった方々に心から感謝を申し上げます。


また、訪問した先々では、たくさんの方々が優しく笑顔で温かく迎えてくださいましたこと、直接お目にかかる機会のあった方、なかった方にも私に温かい気持ちを向けてくださった全ての方々に対し心から感謝申し上げます。


これら数々の出会いが私にとってどれほど大切であったか、到底言い表すことが出来そうにないですが、これは今後も決して変わらない思いです。

今回、私と圭さんの結婚については様々な考え方があることは承知しており、ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には大変申し訳なく思っております。


また、私のことを思い、静かに心配してくださった方々、事実に基づかない情報に惑わされずに私と圭さんを変わらずに応援して下った方々、感謝しております。


圭さんは私にとってかけがえのない存在で、私たちにとって結婚は自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした。

小室圭さん

私は眞子さんを愛しており、一度きりの人生で愛する人と共に過ごしていきたいと思います。


これまで幸せな時もそうでない時も様々な気持ちを二人で分かち合い、励まし合ってきました。


また、この度の結婚ではご迷惑をおかけしてしまった方々に対し大変申し訳なく思っております。


これまで様々なことがありましたが、眞子さんと一緒に人生を歩み続けたいという思いを持ち続けられたのは眞子さんと、そして私たちを支えてくださった周りの方のおかげです。


心から感謝を申し上げます。

無料で大人の出会いを始める

小室眞子さん

本日まで私が公で発言する機会は限られ、そのために生まれてしまった誤解もありました。


一部の方はご存じですが、婚約に関する報道が出てからは圭さんが独断で動いたことはありませんでした。


例えば圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は私がお願いした方向で進めて頂きましたし、圭さんの留学についても圭さんが将来計画していた留学を前倒しし、海外に拠点を作ってほしいと私がお願いしたことでした。


留学については私は一切の援助をできませんでしたが、圭さんが厳しい状況の中で努力してくれたことをありがたく思っています。


圭さんの行いが私の気持ちを考えないものと誤って捉えられ、間違いのない事実であるかのように取り上げられたことは恐怖であり、悲しいです。

小室圭さん

私の母と元婚約者との金銭トラブルについては、これまで文書でも公表してきた通り、感謝を伝えたとともに、今年4月に解決金を渡す提案したところ、母との面会が重要であると言われましたが、母は精神的な不調でありドクターからもストップがかかっている状況であったため、母の代わりに私が対応することにしました。


現在、元婚約者の方の窓口役となっている週刊誌の記者の方を通じ、前向きな方向に進めており、解決金も受け取っていただきたいという気持ちは今も変わりません。


これまで数年間、誤った情報が事実であるかのように扱われたことで誹謗中傷が続き、眞子さんや母ともに心身の不調をきたしてきましたし、こういった状態に関して、悲しく思います。


しかし、これからは眞子さんとあたたかい家庭を築き、これからもできる限りのことをし眞子さんを支え続けていきたいと思います。

TCnippon357

国内の病院やクリニックを紹介するポータルサイトです。 患者さんが分かりやすく、安心して病院やクリニックを訪問できるサイトを目指します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。