アルゼンチンが36年ぶりW杯制覇 メッシは代表続投へ

サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)2022カタール大会は決勝が行われ、アルゼンチン代表がフランス代表をPK戦の末4-2で破り、36年ぶり3度目の優勝を果たした。

試合は90分では2-2で決着がつかず、30分の延長戦でも3-3の同点でPK戦に。

4人全員が成功したアルゼンチンが頂点に立った。

大会の最優秀選手(MVP)にはアルゼンチン代表のキャプテン、リオネル・メッシが選ばれ、2014年ブラジル大会以来2度目のMVPで、史上初の複数回受賞となった。

アルゼンチンが36年ぶりの優勝!
アルゼンチンが36年ぶりの優勝!

作戦はまったアルゼンチン PKも冷静

まさに激闘だった。

アルゼンチンは前半23分にメッシのPKで先制。

36分には自陣からワンタッチやツータッチでボールをつなぐ速いカウンターで一気にゴール前まで迫り、アンヘル・ディ・マリアが追加点を奪った。

アルゼンチンの作戦が見事にはまった。

本来は右サイドのディ・マリアを逆の左サイドで起用した。

準決勝までの6試合でスタートからディ・マリアを左で使うのは一度もやっていない形だった。

システムも準決勝の4-4-2から4-3-3に変更した。

これにフランスは戸惑い、球際の強さやルーズボールへの出足の速さもアルゼンチンが上回り、試合は終始アルゼンチンが支配した。

しかし、後半35分にフランスがPKをキリアン・エムバペが決めると、その1分後にもエムバペがワンツーからの浮き球を強烈なボレーシュートで決めて同点に追いついた。

延長戦でも、延長後半3分にアルゼンチンのメッシが相手GKがシュートを弾いた球を押し込んで一時は勝ち越し。

だが、試合終了間際の延長後半13分にフランスのエムバペがPKを決めてまた同点に追いついた。

エムバペはハットトリックを達成し、決勝戦でのハットトリックは1966年のハースト(イングランド)以来、56年ぶり。

今大会8ゴールで得点王となった。

PK戦ではアルゼンチンは冷静に4人全員が成功。

フランスは二番目のキングスレイ・コマンのキックがGKに止められ、三番目のオーレリアン・チュアメニはゴール左に外し、アルゼンチンが勝利した。

メッシがマラドーナと伝説に

メッシにとっては5回目のW杯挑戦で悲願の優勝でもあり、記録ずくめの大会となった。

メッシのW杯通算出場試合は26試合となり、元ドイツ代表のマテウスを抜いて歴代最多。

試合出場時間も元イタリア代表のマルディーニの2217分を上回って歴代最長となった。

今大会は7ゴール3アシスト。

得点王こそ同じパリ・サンジェルマンでプレーするエムバペに奪われたが、10番を背負い、キャプテンマークを巻いて母国が1986年メキシコ大会以来となるW杯のトロフィーを掲げた。

36年前のメキシコ大会はマラドーナの活躍でアルゼンチンが優勝した。

同じ左利きで10番のメッシは常にマラドーナと比較されてきた。

メッシはその年の世界最高の選手に贈られるバロンドールを7回も受賞し、欧州チャンピオンズリーグは4度優勝。

アルゼンチン代表でも歴代最多得点で、南米王者を決めるコパアメリカも2021年に優勝。

2014年ブラジル大会はあと一歩の準優勝に終わり、唯一と言っていい獲得できていないタイトルがW杯だった。

「最後のW杯になる」と公言して臨んだ大会で、メッシは念願のトロフィーを獲得。

マラドーナと共に伝説となった。

2020年に60歳で亡くなったマラドーナも喜んでいるだろう。

マラドーナと共に伝説となったメッシ
マラドーナと共に伝説となったメッシ

「まだ続けたい」代表引退を撤回

大会前は代表引退も示唆していたメッシだが、試合後のインタビューでこう語った。  

「本当に苦しんできたけど、ようやく手に入れた。

本当にこれが欲しかったんだ。

誰もが幼い頃に抱いた夢だったと思うし、僕も人生でずっと欲しかったタイトルだった。

これ以上望むものはないよ。

全部手に入ったことに感謝したい。

こうして自分のキャリアのほとんどを終えることができたのは、感慨深いものがあるね。

僕はサッカーが大好きで、このチームとこのグループで本当に楽しみながらやっている。

だから世界チャンピオンとして何試合かは続けてみたい」

今後も王者メッシが代表でもプレーする姿が見られそうだ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。