確定死刑囚3人による絞首刑失効差し止め提訴!死刑は残虐な刑罰に該当するのか?

11月29日、大阪拘置所に収容中である確定死刑囚3人が、「絞首刑による死刑執行は残虐な刑罰を禁じる憲法などに違反する」とし、国を相手取り、死刑執行の差し止めや計3300万円の賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。明治時代から刑法により死刑の執行方法は絞首刑と定められており、変わっていない。

続きを読む