WBC

スポーツ

WBC決勝の最後 大谷はなぜスライダーを投げた?

WBCワールドベースボールクラシックで2009年以来の優勝を果たした日本代表「侍ジャパン」で、大谷翔平(エンゼルス)が最後に投げたスライダー。
アメリカ代表のマイク・トラウト三振に仕留めたボールには、ある伏線があった。
マスクをかぶっていた中村悠平(ヤクルト)がその理由を明かす。

Read More
スポーツ社会・文化

侍ジャパンのWBC制覇が映画化 密着映像で裏側公開

3月のWBCワールドベースボールクラシックで2009年以来、3大会ぶりの優勝を果たした日本代表「侍ジャパン」のドキュメンタリー映画が6月2日から全国各地で上映される。
公開期間は3週間限定の予定。
タイトルは「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」。

Read More
スポーツ

大谷翔平が500奪三振、100本塁打を達成 ベーブ・ルース以来 

メジャーリーグでエンゼルスの大谷翔平が5月3日(日本時間4日)、敵地でのカージナルス戦に「3番・投手兼指名打者」の二刀流で先発出場。
5回を投げて自己最多タイの13奪三振で、メジャーでの通算奪三振は500を記録。
ベーブ・ルース以来となる史上2人目の「500奪三振、100本塁打」を達成した。

Read More
スポーツ

メジャー侍が3人同日本塁打 大谷、吉田、ヌートバー

WBCワールドベースボールクラシックで世界一になった日本代表「侍ジャパン」の3選手がメジャーリーグで同じ日の4月23日(日本時間24日)に本塁打を放った。
エンゼルスの大谷翔平とレッドソックスの吉田正尚、カージナルスのラーズ・ヌートバー。
WBC後に侍戦士が同日に3人もホームランを打つのは初めてで、メジャーでも存在感を見せている。

Read More
スポーツ

大谷翔平は散財の心配無用 80億円稼いでも堅実に

WBCワールドベースボールクラシックで日本代表を世界一に導きMVPとなり、メジャーリーグのエンゼルスで今季も活躍中の大谷翔平。元々人気があったのがWBCでの活躍でさらにブレイクし、SNSのフォロワー数は倍増した。ただ、周囲がどれだけ騒いでも大谷は変わらず、ある意味庶民的。

Read More
スポーツ

WBC日本代表の優勝賞金4億円は安すぎ? MLBが握る利益

日本代表「侍ジャパン」の3大会ぶりの優勝で幕を閉じた第5回WBCワールドベースボールクラシック。エンゼルスの大谷翔平とトラウトのメジャーリーグでも最高峰のチームメイトが決勝で、日本代表とアメリカ代表として最後に対戦するという劇的な幕切れもあり、興業的には大成功だったと言っていい。しかし、優勝賞金の総額300万ドル(約4億円)が妥当かどうかも含めて大会の改善点はまだまだ多く残されている。

Read More
スポーツ

WBC後も大谷が大活躍 エンゼルスで「トラウタニ」弾

WBCワールドベースボールクラシックでMVPとなり日本代表を3大会ぶりの世界一へと牽引した大谷翔平が、メジャーリーグのエンゼルスに戻ってからも絶好調だ。

4月2日(日本時間3日)、アスレチックス戦に3番指名打者で出場し、今季第1号となる136メートルの特大アーチを放った。

Read More
スポーツ

WBC優勝の栗山監督が栗山町に凱旋 予定外の始球式も

WBCワールドベースボールクラシックで2009年以来の優勝を果たした日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督が3月30日、自宅のある北海道栗山町に凱旋した。

町民からの祝福を受け、「ゆっくりするのはまだまだ先。これから次の夢に向かって全力で走りださないといけない」と語り、今大会で監督は退く考えもある中で続投に含みも持たせた。

Read More